誤って消してしまったExcelデータの復元

前回「iSofter Data Recovery」という復元ソフトを使って削除・消失した写真、動画の復元方法「写真復元」、「動画復元」を紹介しました。「iSofter Data Recovery」は写真、動画の復元だけではなく、Word、Excel、PPTなどOfficeドキュメントを復元することもできます。またパソコンからの復元だけでなく、SDカード、外付けHDD、USBメモリーなどリムーバブルディスクからの復元にも対応します。ここでは誤って削除してしまったExcelデータを復元する方法を紹介します。

誤消去したExcelデータ復元する方法:

STEP1:復元ソフトをダウンロード
まずは「iSofter Data Recovery」をクリックして復元ソフトをダウンロードします。
ダウンロードしたファイルを実行してインストールします。インストール完了した後、起動させます。
*復元ソフトを復元するドライブにはダウンロードしてはいけません。パソコンからExcelを復元する場合は、ソフトを外付けHDDにダウンロードしましょう!逆に、外付けHDDやSDカードなど外部メディアからExcelを復元する場合は、ソフトをパソコンにダウンロードしましょう!

Excel復元
 

STEP2:スキャンモードを選択
「高速スキャン」と「完全スキャン」2つのスキャンモードがあります。
まずは「高速スキャン」で一度スキャンしてみましょう。
「高速スキャン」で削除したExcelデータが見つからない場合は、「完全スキャン」で再度スキャンすることを勧めます。
「完全スキャン」の場合は全セクターをスキャンするため、スキャンに時間かかりますが、従来復元難しデータを復元できる可能性もあります。

Excelデータ復元
 

STEP3:復元したいドライブを指定
続いて復元したいドライブを選択します。パソコンから復元する場合は「ローカルディスク」の具体的なドライブを選択します。外付けHDD、SDカード、USBメモリーなど外部メディアから復元する場合、まずはこれらの外部メディアをパソコン接続して「リムーバブルディスク」として認識されたら、「リムーバブルディスク」を選択します。復元したいドライブを指定してから、右下の「復元」ボタンをクリックします。

エクセル復元
 

STEP4:データの確認と復元
スキャンが完了すると、復元できる可能性の高いファイルの一覧が表示されます。
種類ごとにフォルダで分類されています。今回はExcelを復元するので、左側の「ドキュメント」をクリックします。そして、右側に検出したExeceファイルが表示されます。ファイルをダブルクリックするとプレビュー表示して内容を確認できます。内容を確認した後、復元したいExeclファイルにチェックを入れて右下の「復元」ボタンを押します。

エクセルデータ復元
 

STEP5:復元先を設定
復元される前に、復元するExcelファイルを保存する場所の設定が求められます。
*データの上書きを防ぐため、保存場所を復元するドライブ以外の場所に設定してください。

削除エクセル復元
 

復元完了した後、先程設定していた復元先フォルダを開きます。

削除エクセルデータ復元
 

復元したExcelをパソコンで開きうまく復元されたのかを一度確認しておきましょう!うまく復元されたようでしたら作業完了です。

削除Excel復元
 

以上が誤って削除したExcelファイルを復元する方法の紹介でした。フォーマットしたパソコン、外付けHDD、SDカード、USBメモリーなどから復元できる可能性もありますので、Excelを削除・フォーマットしてしまった時、諦めずに復元にチャレンジしてみましょう!