USB復元|USBメモリーのデータを復元

前回デジタルカメラやスマートフォンで利用されるSDカードから削除・消失したデータを復元する方法「SDカード復元」を紹介しました。
実際はSDカード以外、USBメモリーカードも外部記録メディアとしてよく利用されています。SDカードと同じく、USBメモリーもデータの長期保存に向いていません、何らかの原因でデータがきえてしまったり、操作を誤って削除してしまったり、間違ってUSBメモリーをフォーマットするなどトラブルがよく発生します。
前回SDカード復元に利用した「iSofter Data Recovery」はUSBメモリー、外付けHDDからのデータ復元にも対応しますので、今回は「iSofter Data Recovery」使ってUSBメモリーからデータ復元する方法を紹介します。

復元前の準備とご注意
USBデータを削除した後、USBメモリーを継続して使用しないでください。またできる早めに復旧作業に取り掛かりましょう!早ければ早いほど復元できる確率が高くなります。
復元を始める前に、USBメモリーをパソコンと接続してください。パソコンにうまく認識された場合は、「マイコンピューター」に「リムーバブルディスク」が表示されます。

USBデータ復元する手順

STEP1:ソフトウェアをダウンロード
まずは「iSofter Data Recovery」をクリックしてダウンロードします。
ダウンロードしたファイルを実行してインストールします。

USBデータ復元
 

インストール完了した後に起動させると、ソフトウエアのメインインターフェースが表示されます。
ウィザード形式を採用しているので、誰でも分かりしゃすく簡単に操作できます。

USB復元
 

STEP2:スキャン方法を選択
「高速スキャン」と「完全スキャン」の二つのスキャン方法があります。
USBデータを間違って削除してしまった場合は「高速スキャン」、USBメモリーをフォーマットしてしまった場合は「完全スキャン」を選択してください。

USBデータ復元
 

STEP3:復元対象メディアを指定
先にUSBメモリーをパソコンと接続して「リムーバブルディスク」として認識されているので、ここでは「リムーバブルディスク」を選択してから右下の「スキャン」ボタンをクリックします。

USB復旧
 

スキャンしている時に、下のウィンドウで検出したファイル数や所要時間などを確認できます。

USBデータ復旧
 

STEP4:復元したいデータの確認
スキャンが完了した後、復元できる可能性の高いファイルの一覧が表示されます。写真の場合は、サムネイル形式で表示されます。そのまま内容を確認できます。動画、音楽、ワード、エクセルなどの場合は、ファイルをダブルクリックすればプレビュー表示して内容を確認することもできます。ファイル内容を確認した後、復元したいデータにチェックを入れて、右下の「復元」ボタンをクリックします。

USBメモリー復旧
 

STEP5:復元先を設定
最後は復元できたデータを保存する場所を設定します。設定した後、「保存」ボタンをクリックするとデータが設定された場所に復元されます。
*復元先をかならず復元するUSBメモリー以外の場所にすることを覚えておきましょう!まだUSBメモリーに保存すると、データが上書きされ復元できなくなる可能性があります。

USBメモリーデータ復元
 

復元完了すると、下のウィンドウが表示されます。

USBメモリーデータ復旧
 

先程設定していた復元先フォルダを開き復元したいデータがうまく復元されたのかを確認します。うまく復元されたようでしたら、作業完了です。

USBデータ復活
 

以上USBデータ復元方法の紹介でした。USBメモリーのデータを誤って削除してしまった、USBメモリーをフォーマットしてしまった場合は、諦めず復元ソフトを使って復元にチャレンジしてみましょう!