ホーム > サポート>ユーザーガイド

iSofter 動画変換を使って動画ファイル変換する方法 

ここでは「iSofter 動画変換」という動画変換ソフトを使って、動画ファイル変換する方法を紹介します。
iSofter 動画変換はFLV、MP4、AVI、WMVなどほぼすべての動画ファイルの相互変換に対応します。シンプルな操作で動画を高速高画質で変換できます。

1:動画変換ソフトをダウンロード
まずは「iSofter 動画変換」をダウンロードしてインストールします。
インストールが完了後、「iSofter 動画変換」を立ち上げます。

動画ファイル変換
 

2:動画ファイルを追加 
ツールバーにある「追加」→「ファイルの追加」ボタンをクリックし、変換したい動画ファイルを取り込みます。

動画ファイル変換

3:出力ファイル形式を選択 
「プロファイル」ドロップダウンボタンをクリックして希望する動画形式を選択し出力ビデオファイル形式に指定します。

動画ファイル変換

4:保存先を設定する
「出力先」右側にあるボタンをクリックし、変換後の動画ファイルを保存するフォルダを指定します。

動画ファイル変換

5:動画変換開始
プロファイルを選択した後、「変換」ボタンをクリックすると動画ファイルが変換されます。

動画変換
 

Tip1:出力パラメーターの設定
ビデオの解像度、フレームレート、ビットレート、コーデック及びオーディオのサンプルレート、チャンネル、ビットレート、コーデックなどパラメーターを詳しく設定することができます。出力パラメーターをカスタマイズしたい場合は、動画 変換する前に 「プロファイル」右側にある「設定」ボタンをクリックして設定してくだい。

動画変換

Tip2:動画結合
動画ファイル変換する前に復数の動画ファイルを結合してから変換したい場合は、 「結合」ドロップダウンリストから「選択したファイルを結合」をクリックします。すべてのファイルを結合したい場合は、「すべてのファイルを結合」をクリックしてくだい。

動画ファイル変換

Tip3:動画編集
iSofter 動画変換にはメインな動画変換機能のほかに、様々な動画編集機能も搭載されます。 動画編集したい場合は、編集したいファイルを指定してツールバーにある「編集」ボタンをクリックします。動画からお好みのシーンだけを切り出したり、明るさを調整したり、映像を回転/反転したり、動画にテキスト/画像/字幕を挿入したりなど動画を編集することが可能です。

以上の手順で操作すれば動画ファイルを変換することができます。動画編集機能を活用すれば、簡単に編集することも可能です。