ホーム > サポート>ユーザーガイド

DVD変換-DVDを動画ファイルに変換する方法

ここではiSofter DVD 変換というDVD変換ソフトを使って、直接DVDをAVI、MP4、WMVなどの動画ファイルに変換する方法を紹介します。

1:ソフトのダウンロード

まずは「iSofter DVD 変換」をダウンロードしてインストールします。
インストールが完了後、デスクトップにあるアイコンをダブルクリックして「iSofter DVD 変換」を起動させます。

2:DVDディスクを読み込む

変換するDVDディスクをドライブに挿入ます。
ツールバーにある「追加」ボタンをクリックするか又はメインメニュー「ファイル」→「DVDドライブを選択」を選択してDVDを読み込みます。
タスクリストにDVDがタイトルごとに表示されます。右側のプレビューウィンドウで再生できます。

DVDから映像取り出す
 

3:出力ファイル形式を設定

「プロファイル」ドロップダウンボタンをクリックして希望する出力ファイル形式を選択します。
AVI、MP4、WMV、FLV、3GP、MPEG、MOVなどほぼすべての動画形式にDVDリッピングできます。

DVDから動画を抽出
 

4:保存先を設定

「出力先」右側にあるボタンをクリックし、DVDから変換できた動画ファイルを保存するフォルダを指定します。

DVD変換
 

5:DVD変換開始

以上変換の準備が整えましたら、「変換」ボタンをクリックするとDVDが先ほど設定した動画形式に変換されます。

DVDを動画ファイルに変換
 

以上の操作でDVDをAVI、MP4、WMVなどの動画ファイルに変換してパソコンに取り込むことができます。
「iSofter DVD 変換」ではDVD変換機能以外、ほかにも便利な使い方があります、以下の部分で紹介します。

Tips1:パラメーターの設定

DVD変換する前に、ビデオの解像度、フレームレート、ビットレート、コーデック及びオーディオのサンプルレート、チャンネル、ビットレート、コーデックなどパラメーターを設定することができます。出力パラメーターをカスタマイズしたい場合は、「プロファイル」右側にある「設定」ボタンをクリックしてくだい。

DVD変換
 

Tips2:ビデオの結合

ビデオファイル結合したい場合は、結合したいファイルを選択し、「結合」ドロップダウンリストから「選択したファイルを結合」をクリックしてくだい。すべてのファイルを結合したい場合は、「すべてのファイルを結合」をクリックしてくだい。

DVD変換
 

Tips3:動画編集

「iSofter DVD 変換」にはDVD変換メイン機能のほかに動画編集機能も付きます。動画編集したい場合は、編集したいファイルを選択してツールバーにある「編集」ボタンをクリックしてください。動画の切り出し、クロップ、色調補正、明るさ調整、映像の回転/反転、透かし文字/画像の挿入など編集機能で動画編集することが可能です。

以上の操作でDVDを動画ファイルに変換してパソコンに保存できます。