ゴミ箱から削除したファイルを復元する方法

大事なファイルを誤って削除してしまいました!このような操作ミスは誰でも一度経験したことはあるかと思います。
削除されたファイルは「ゴミ箱」に移動されます、その時誤消去を気づいたら、ゴミ箱のフォルダを開き、削除したファイルの右クリックメニューから「元に戻す」をクリックすれば、簡単に元に戻すことができます。
しかし、ファイルを間違って削除した上、うっかりゴミ箱も空にしてしまったことも多くあります。その時はもう諦めていませんか?実はその時、データ復元ソフトを使えば、空にしたゴミ箱から削除したファイルを高確率で復元することができる可能性もあります。
ここでは「iSofter Data Recovery」という復元ソフトを使ったゴミ箱から削除したファイルを復元する方法を紹介します。

iSofterデータ復旧」は動画、画像、音楽、文書、メールなど550種類以上のファイルの復元に対応します。

ゴミ箱から削除したファイルを復元する手順:

STEP1:[iSofterデータ復旧]をダウンロード
まずは「iSofterデータ復旧」クリックしてソフトウェアをダウンロードします。
インストールが終了しましたら、起動させます。

ゴミ箱削除ファイル復元
 

STEP2:復元方法を選択
「高速スキャン」と「完全スキャン」の二つのスキャン方法があります。ゴミ箱から削除したファイルを復元する場合は、まず「高速スキャン」を選択しましょう。
高速スキャンで復元したいファイルが見つからなかった場合は、「完全スキャン」で再度スキャンすると検出できることがあります。

削除ファイル復元
 

STEP3:復元したいドライブを選択
復元したいドライブを選択して右下の「スキャン」ボタンをクリックします。ゴミ箱から削除したファイルを復元する場合は、ファイルが削除される前に保存されるドライブを選択してください。

ゴミ箱から削除ファイル復元
 

スキャン開始すると、下の画面が表示されます。検出したファイル数やスキャンに所要時間などが確認できます。

空にしたゴミ箱からファイル復元
 

STEP4:復元したいファイルの確認
復元が終了したら復元できる可能性のあるファイルが一覧表示されます。ゴミ箱から削除したファイルを検出した場合は、そのファイルにチェックを入れて右下の「復元」ボタンをクリックします。復元する前に、ファイルをダブルクリックするとプレビュー表示でき、ファイルの内容を確認することができます。画像のファイルだけでなく、動画、音楽、文書のプレビューにも対応します。

ゴミ箱から削除したファイル復元
 

STEP5:復元するファイルの保存先を設定
最後は復元するファイルを保存する場所を設定して、右下の「保存」ボタンをクリックします。
データが上書きされ復元できるなくなることを防ぐため、復元先を必ず復元元のドライブ以外の場所に指定しておきましょう。

ゴミ箱から削除したファイルの復元
 

復元完了した後、保存先フォルダを開きファイルがうまく復元されたのかを確認します。うまく復元されたようでしたら作業完了です。

空にしたゴミからデータ復元
 

以上がゴミ箱から削除したファイルの復元方法の紹介でした。ファイルを削除した上、ゴミ箱を空にした場合でも、高確率で復元できる可能性がありますので、ぜひ諦めずにチャレンジしてみてください。