削除したiPhoneのSMS(メッセージ)を復元する方法

iPhoneの大切なSMS(テキストメッセージ)を誤って削除したことがありますか? iPhoneのSMSで受信した大切なメッセージをずっと保存したいところ、誤って削除したことがよく発生します。 ここではiPhoneから削除したテキストメッセージを復旧する方法を紹介します。

iTunesやiCloudにちゃんとバックアップ取っているのであれば、バックアップファイルから復元できますが、 バックアップがなければどうやって復元するのでしょうか? 今回紹介する復元方法はバックアップなしでiPhoneのSMSの復元に対応し、SMSをiPhone本体にまたはパソコンに復元することができるようになります。

使用する復元ソフト 今回はiPhoneRescueというiPhone専用復元ソフトを使用します。 SMSを含む、写真、動画、音楽、など様々なデータを復元することができます。 バックアップなしのiPhoneのSMSを復元するにおいて、復元前にSMSの内容をプレビューできたり、全体のデータではなく、必要なSMSだけを復元できたり便利なところがあります。iPhone初心者やパソコンが苦手な方も簡単に操作できます。

バックアップなしでiPhoneからSMSを復元する方法

STEP1:iPhoneRescueをダウンロード
まずはPhoneRescueをダウンロードします。
ダウンロードした後、起動されます。*ダウンロードするには正式版を購入する必要があります。購入した後、ダウンロードリンクとライセンスがメールで送信されます。

STEP2:復元モードを選択
iPhoneをUSBケーブルを通じてパソコンに接続します。「iOSデバイスからリカバリー」を選択します。

iPhone復元
 

STEP3:スキャン結果の表示
iPhoneRescueはiPhoneのデータを分析します分析が終わったら、iPhoneから復元できるデータが表示されます。

iPhone SMS復元
 

STEP4:削除したSMSの確認
今回はSMSを復元するので、左側の「メッセージ」をクリックします。そして、「削除された項目を表示」を選択します。すると、iPhoneから削除されたSMSだけが表示されます。 ご注意:SMS以外のデータを復元するつもりがない場合、ほかのデータのチェックを外してください。

iPhoneメッセージ復元
 

STEP5:SMSを復元
復元したいSMSを選択して復元します。ボタンをクリックする場合、SMSがiPhone本体に復元されます。ボタンをクリックする場合、SMSがパソコンに復元されます。

iPhone削除メッセージ復元
 

iPhoneのSMSを復元するにおいてのご注意事項: - SMSを高確率に復元するため、データを失った後にiPhoneを操作しないこと - iTunesとiCloudのバックアップがあったら、iPhoneRescueでバックアップファイルから復元することもできます。 - SMSをパソコンに保存する時の出力先とファイル形式は、操作画面の「出力設定」ボタンで設定できます。SMSはhtml/text形式に保存することができます。