ホーム > サポート>ユーザーガイド

DVD作成ソフトを使って動画をDVDに焼く方法

ここではDVD作成ソフトを使って、動画からDVD作成する方法を紹介します。動画ファイルをDVDプレイヤーで再生してTVで見たい、ということなら、「DVDビデオ」という規格でディスクを作成する必要があります。 この作業を「オーサリング」といって、「オーサリングソフト」によって行います。

一般的に、MP4動画からDVDビデオを作るには、 DVDオーサリングソフトで MP4動画をDVDプレイヤー対応のDVDビデオ形式に変換して、その結果を ライティングソフトでDVDに焼くという手順になります。iPhone、デジカメやビデオカメラで撮影した動画、Youtube、ニコニコ動画など動画共有サイトからダウンロードした動画、又はMP4、AVI、MOV、WMVなどほとんどの動画に対応します。簡単な操作で動画をDVDに焼くことができます。

STEP1:ソフトのダウンロード

まずは「DVD作成」から購入する必要があります。
購入した後、DVD作成の正式版ダウンロードリンクがメールで送信されます。
インストール完了した後、起動させると下の画面が表示されます。

DVD作成ソフトダウンロード
 

STEP2:動画を追加

「ファイルを追加する」をクリックしてDVDに焼きたい動画ファイルを追加します。
AVI、MP4、MOV、FLV、MTS、3GP、MKV、MPEGなどほぼすべての動画ファイル形式に対応します。
カット、結合などの編集機能も付きますので、複数の動画を一つのファイルに結合したり、一つの動画からお気に入りのシーンだけを切り出したりしてからDVDに焼くことも可能です。

DVDにしたい動画を追加
 

STEP3:空のDVDディスクを用意

空のDVDをパソコンのドライブに挿入します。
DVD-R、DVD+R、DVD-RW、DVD+RW、DVD+R DL、DVD-R DL、DVD-5、DVD-9などに対応します。

STEP4.DVDメニューの作成

DVDメニュー作成
 

STEP5:書き込み開始

DVDメニューも作成したい場合は、右側のプレビューウィンドウの「メニューを編集」ボタンをクリックします。個性的なメニュー作成することも可能です。
以上の設定が完了しましたら、右下の「作成」ボタンをクリックします。MP4動画がDVDに書き込まれます。

動画をDVDに焼く
 

後はDVD作成完了するまで待ちます。
作成完了した後、DVDプレイヤーで再生し、iPhone、デジカメやビデオカメラで撮影した動画をテレビでも楽しめることになります。